くまがやねっと情報局

くまがやねっと > くまがやねっと情報局 > 連載中 > 熊谷市文化財日記 > 諏訪木遺跡

熊谷市文化財日記

歴史 地域

諏訪木遺跡

2号方形周溝墓出土遺物検出状況

第1号方形周溝墓検出状況(真上から)

2016年(平成28年)11月から3月にかけて新設道路予定地の発掘調査を実施しました。
調査面積1,400㎡の範囲において、弥生時代中期から古墳時代前期にわたる住居跡6軒、方形周溝墓2基、室町から江戸時代にかけての溝跡が複数条確認されました。そのうち方形周溝墓はいずれも全体の50%以上の規模で、2基とも20㎡程度の大きさをもつ墓でした。残念ながら、被葬者が埋葬されていた主体部は確認されませんでしたが、周溝に転落した弥生土器片が多量に検出され、土器の特徴から時期判断できる重要な発見となりました。

■江南文化財センター

ホームページ 江南文化センター「熊谷デジタルミュージアム」へはこちらからどうぞ。
住所 熊谷市千代329番地
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始
アクセス 江南文化財センターへのMAPはこちらからどうぞ

作成日:2017/10/12 取材記者:江南文化財センター