くまがやねっと情報局

くまがやねっと > くまがやねっと情報局 > 連載中 > 素敵な幼稚園保育園 > 熊谷学園 さかえ幼稚園

素敵な幼稚園保育園

地域

熊谷学園 さかえ幼稚園

youhosakae- (1)
youhosakae- (5)木のぬくもりあふれる園舎内

今回は埼玉県熊谷市東部(佐谷田)にある、学校法人熊谷学園 さかえ幼稚園をご紹介します。さかえ幼稚園は1959年4月に開園しました。現在、園児は165名。年少組は2クラス各27名、年中組2クラス各23名、年長組3クラス計65名います。木のぬくもりあふれる園舎に、元気なこども達の笑顔が集まります。さかえ幼稚園の教育方針は次の3つを掲げています。
1、心身の発達促進
2、豊かな情操を培う
3、道徳心を養う


年少組では毎日通うことが楽しみになるような保育。
年中組では、周りの友達と仲良くし、体力を育み、ノートを使った教育も始めます。遊んで楽しいというだけでなく、知力、体力面の保育も充実してきます。
年長組では小学校へ入学する準備として、体育、音楽、水泳教室の特別講師による授業も加わります。
幼稚園の集団生活を通して、自分で取り組もうとする気持ちや考える力を養うとともに、お友達に対する思いやりや、優しさを感じ、協力し合う心を育て育みます。

youhosakae- (14)なかよしひろば

園舎の前と後ろに園庭があります。一つは「なかよしひろば」と呼ばれ、取材時にはなわとびをしていました。先生がなわとびをする時の注意点、長さや持ち方、まわしかたのコツを教えていました。上手に飛べない園児も先生のアドバイスを真剣に聞き、みるみるうちに上達していました。もう一つの園庭では、遊具で遊んだり、鬼ごっこしたりと自由に遊びまわっていました。
小島昇園長は「こども達はいるだけで周りの人を元気にし、明るくする力があり、体験を通して育つ」と話します。園では大きな行事として「運動会」「おゆうぎ会」があり、その他にも多くの行事があります。なわとび同様、練習中も成長し、本番を経験しまた成長します。
園庭で遊ぶときやクラスにいる時だけでなく行事を体験する過程の中で、こども達の五感を刺激し興味、関心、意欲を引き出し育てます。

youhosakae- (4)

2歳児対象に、たんぽぽクラブを実施しています。2歳児特有の興味や好奇心を刺激し、観る力・聞く力・考える力・対応する力の基礎をつくっていきます。10時45分より30分程度、歌や紙芝居、ボール投げや簡単な綱引き等を行います。

詳細はfacebookのさかえ幼稚園のページをご覧いただくか、
園(048-521-2689)までお問合せください。

■今後に向けて

youhosakae- (13)

「今まで同様、地域貢献を目標として掲げています。地域の行事に参加したり、園に来てもらったりすることでこども達のパワーを感じてもらいたいと思います。こどもの持つ力で元気になってくれる人がいたら幸いです。また、保護者の皆様と共に考え、成長していきたいと思っています。」 小島昇園長




※編集後記※
取材時、園舎放送で「今から取材の方が回ります。」と呼びかけてくれました。クラスに入ると集中して先生の話を聞いているこども達。私の時はどうだったかな?と思い出すのが恥ずかしくなるほど礼儀正しかったです。でも外で遊ぶ時は元気一杯。たくさんの子ども達に話しかけてもらい元気をもらいました。こどもは地域の「大きな力」であり、「大切な財産」です。園の取組みにより、これからも地域の方々にたくさんの「笑顔」が生まれることを願っています。取材にご協力いただき、ありがとうございました。

■熊谷学園 さかえ幼稚園のスポット写真

youhosakae- (2)園舎外観
youhosakae- (12)工作の時間
youhosakae- (11)先生の話をしっかり聞いています
youhosakae- (10)歌を覚えていました。静かに聞いていました
youhosakae- (3)平仮名の勉強をしていました
youhosakae- (8)工夫されたモニュメント
youhosakae- (9)よく見ると、広告やトイレットペーパーの芯、空きパックを再利用
youhosakae- (7)遊戯室。光を浴びてステンドグラスが引き立ちます
youhosakae- (6)広い廊下。木がたくさん使われており落ち着いた雰囲気

■熊谷学園 さかえ幼稚園の詳細情報

園名 学校法人熊谷学園 さかえ幼稚園
住所 埼玉県熊谷市佐谷田2661
電話番号 048-521-2689
ホームページ 熊谷学園 さかえ幼稚園のホームページはこちらからご覧ください
facebook 熊谷学園 さかえ幼稚園のfacebookはこちらからご覧ください
取材 大和屋株式会社

作成日:2017/02/06 取材記者:みいちゃん