熊谷観光マップ

くまがやねっと > 熊谷について > 熊谷観光マップ > 熊谷スポーツ文化公園・熊谷ドーム

熊谷スポーツ文化公園・熊谷ドーム

p9-熊谷スポーツ文化公園
bun-02

熊谷スポーツ文化公園は1988年(昭和63年)に開催された「埼玉博覧会」の跡地を整備し、みなさんが健康で、快適に日々の生活を送ることができるように作られた、スポーツやレクリエーション活動を行うことができる公園です。園内はラグビー場とソフトボール場を中心とする西エリア(1991年オープン)と、陸上競技場と彩の国くまがやドームを中心とする東エリア(2003年オープン)に分かれています。

■ラグビータウンを象徴する東エリア

bun-03

東エリアの中心、ラグビー場(Aグラウンド)は県内ラグビーのメイングラウンドとして利用されています。全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会の決勝戦、全国高等学校ラグビーフットボール埼玉県大会決勝戦をはじめ、関東大学リーグ・上位クラスリーグ戦やトップリーグの試合会場としても使われています。その他に地域大会中心に使用されている観客席付きのBグラウンド、多目的グラウンドとしても利用可能なCグラウンド(有料)があり、ラグビータウン熊谷の象徴ともいえる施設となっています。

■スポーツ施設満載の西エリア

bun-04

西エリアには陸上競技場を始め、彩の国くまがやドームや投てき場、3つの多目的広場とスポーツ設備が整っているエリアです。
陸上大会やサッカーの試合で使用される「陸上競技場」は15400人の観客を収容することのできる第一種公認陸上競技場で、写真判定装置や雨天練習場を有し、大宮アルディージャが年間数試合を準ホームスタジアムとして使用しているほか、ザスパ草津が不定期に試合を開催しています。浦和レッズダイアモンズのプレシーズンマッチ(さいしんカップ)でも使用されています。
また、彩の国くまがやドームは体育館(メインアリーナ)と練習場(サブアリーナ)、人工芝多目的グラウンドがあり、各種屋内競技やコンサートに使用されています。人工芝多目的グラウンドはフットサルやテニスをメインとして使用されています。

■子供から大人まで楽しめる

熊谷スポーツ文化公園内にはいくつもの広場や遊具が点在しています。コンピネーション遊具や大型遊具、アスレチックや健康遊具のほかにも、3on3やストリートバスケの楽しめるコートや、バッテリーカーやレンタルサイクルなど、家族みんなで楽むことのできる公園です。

■熊谷スポーツ文化公園・熊谷ドームのスポット写真

bun-b01コンピネーション遊具
bun-b02セラピーガーデン
bun-b03西エリア・展望広場
bun-b04バッテリーカー・1回100円
bun-b05エリア中央 桜
bun-b06ファーマーズレストラン くまどん

■熊谷スポーツ文化公園・熊谷ドームの詳細情報

住所 埼玉県熊谷市上川上300
問い合わせ先 048-526-2004
FAX 048-526-2014
URL http://www.parks.or.jp/kumagaya/index.html
定休日・営業時間 公式HPにてご確認ください。
駐車場 常設駐車場1400台・臨時駐車場1400台

■熊谷スポーツ文化公園・熊谷ドームの地図

p9-熊谷スポーツ文化公園

熊谷スポーツ文化公園・熊谷ドーム

作成日:2014/03/23 取材記者:くまがやねっと管理人