くまがやねっと情報局

くまがやねっと > くまがやねっと情報局 > 連載中 > 素敵な幼稚園保育園 > 社会福祉法人 花園福祉会 花園第二こども園

素敵な幼稚園保育園

地域

社会福祉法人 花園福祉会 花園第二こども園

youho170616- (1)

花園第二こども園 外観

■雨の日でも遊べる園舎作り

youho170616-(2)50mある廊下。気持ちよさそうです。

玄関を入ると目に飛び込んでくるのは、吹き抜けの廊下です。雨の日でも身体を動かせる園舎作りを目指してこのようなつくりにしました。廊下が50mほどあることにより、園舎内でも子供達はストレスフリーで過ごすことができます。
廊下では、長い距離を雑巾がけや押し車で歩くこともできるし、車のおもちゃに乗って思い切り走ることもできます。
また、近くのホールを借りて発表会を開催するのですが、実際のステージの感覚をつかむ為に、この廊下にテープで目印を貼り、ステージの広さをイメージさせることにも役立っています。

■ランチルーム

youho170616- (3)ロフトから見たランチルーム

こちらの保育園では、保育室とランチルームを分けています。
多くの場合、ご家庭では普段過ごす部屋と寝室は別にあります。そのような「実際の生活に近い環境を提供したい」という想いからランチルームをつくりました。
スペースがなく、保育と食事を同じ部屋でしなければならないケースもありますが、活動後、ほこりがたっている部屋で食事をとらなくてよくなったり、子供が焦ることなく食べられるようになりました。またランチルームに移動することで「食事に行くんだ」という気持ちになり「食」への興味が高まるという効果もランチルームをつくるメリットです。

■異年齢保育

youho170616- (14)お昼寝のお布団を敷いている年長の子達

朝の遊ぶ時間、朝会、お昼、お昼寝、おやつ、帰りの会は異年齢保育で行い、主活動は同年齢で行っています。取材時にお昼の時間を見ることができましたが、年長の子達が配膳とお昼寝のお布団敷きをしていました。年下の子達は、お兄さん、お姉さんの姿を見て学び憧れを抱き、年長の子達は年下の子達に教えることで自信を持ち思いやりの心を育みます。

■社会福祉法人 花園福祉会 花園第二こども園のスポット写真

youho170616- (11)ロフトから見た廊下です。
youho170616- (10)ロフトにある本読みスペース。0歳~5歳までどれだけの本に触れたかでその後の語彙力に影響が出てきます。
youho170616- (12)ケンケンパ遊びの足跡。
youho170616- (13)保育室内。天井に木が見えており温かみがあります。
youho170616- (16)お昼は異年齢保育で年の違う子達が同じテーブルに座ります。
youho170616- (6)小さい入り口で子供達には基地感覚。人気スペースです。
youho170616- (4)園庭は遊具や砂場がある所と思い切り走れるスペースがあります。
youho170616- (22)展示物は子供の作品にしているというこだわりがあります。天井から吊るされた雫。ゆらゆら揺れてかわいいです。
youho170616- (7)園長先生こだわりの収納。帽子は丸めて入れます。

■社会福祉法人 花園福祉会 花園第二こども園の詳細情報

園名 社会福祉法人 花園福祉会 花園第二こども園
住所 埼玉県深谷市永田407
電話番号 048-584-2266
ホームページ https://www.hanazono-fukushikai.com/
取材 大和屋株式会社

作成日:2017/07/05 取材記者:cobara