くまがやねっと情報局

くまがやねっと > くまがやねっと情報局 > 連載中 > 立正大学ボラセンの日常 > ボランティアセンター

立正大学ボラセンの日常

地域

ボランティアセンター

大学でのまちの灯りの様子

■第31回 星霜祭

立正大学では、2018年11月の2日、3日、4日に第31回星霜祭が行われました。
ボランティアセンターは、3日に開催された、北部地域振興センターの10年目企画「埼玉県北部地域NPO法人展in立正大学」に参加し、4日は「まちの灯りIN立正大学」を行いました。
3日に行われた、北部地域振興センター10年目企画「埼玉県北部地域NPO法人展in立正大学」では、熊谷市内のNPO法人19団体が集まり、活動紹介や物販などを行いました。
皆さんとても素晴らしい活動をされていて、大学内で広められたことを嬉しく思いました。多くの方に楽しんでいただけたのではないでしょうか。
4日の「まちの灯りIN立正大学」では、多くのご家族に参加していただきました。
お子さんたちがニコニコと工作されていて、私たち学生スタッフもとても楽しく活動できました。点灯式では、自分たちが作ったハウスが光るのを見て、お子さんたちが嬉しそうにしている姿を見て、私たちも嬉しかったです。

■くまがや まちの灯り

11月18日に、熊谷市中央公園でくまがやまちの灯りが開催されました。
ボランティアセンタースタッフが作ったダンボールハウスも持参し、吉岡中学校の生徒が作ったものと、当日持ってきてもらったものを配置しました。点灯式はとても綺麗で、多くの人が楽しそうに記念撮影をしていました。

作成日:2018/12/08 取材記者:立正大学ボランティアセンター