くまがやねっと情報局

くまがやねっと > くまがやねっと情報局 > 連載中 > 素敵な幼稚園保育園 > 社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園

素敵な幼稚園保育園

地域

社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園

今回ご紹介する保育園は群馬県前橋市にある「社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園」をご紹介します。以前ご紹介した「石倉保育園」と姉妹園です。
田んぼに囲まれ、自然豊かな環境にあります。訪れた日はとても暑い日でしたが、風通しが良く、居心地の良い保育園です。

■教育方針

「子どもたちの誰れもが生き生きと生活ができ、全体発達を保障する」

■大切にしていること

毎朝行っている雑巾がけも体幹を鍛える良い運動です

愛泉保育園が一番大切にしていることは「園児の1日の生活の流れ」です。
園児が規則正しい生活が送れるように家庭での「早寝早起き」や「朝の散歩」を推奨し、保育園にいる間も午前昼寝や体を動かす保育など、様々な取り組みをしています。
特に「午前昼寝」は、園児達の生活リズムを考え、1986年からスタートしました。
当時、朝からあくびをする子や姿勢の悪い子、活気のない子など自律神経系の問題と思われる症状が目立つようになった為、様々な検討を重ね、お昼寝を午前中に移行したそうです。現在では、10時半から1時間程度をお昼寝の時間にしています。取材時も、厚手のカーテンが閉められ、明かりが保育室内に入らないようになっており、中で園児達がぐっすりと眠っている様子がうかがえました。

■家庭との関係

2016年も東毛少年自然の家で親子合宿がありました

保育園にいる間だけ規則正しい生活ができていても、家庭で出来ていなければ意味がありません。家庭でも保育園と同じように過ごすことは難しいですが、規則正しい生活リズムの大切さを保護者にも理解してもらい、協力してもらうことが必要となります。
その一環として行われているのが「親子合宿」です。
合宿を保護者同伴で行うことで、園児達が保育園で行っている保育の一部を親子で体験し、「早寝早起きがいかに大切であるか」など保育園との情報交換の場として活用されています。
また、「親子合宿」で学んだことが家庭でも行ってもらえるように、お迎えに来た保護者に対して「朝のお散歩は出来ていますか?」「お家でも遊んでいますか?」と言った問いかけをし、合宿の時だけで終わってしまわないようにしているそうです。

今回取材に応じてくれた莅戸真智子(のぞきどまちこ)園長に今後の夢を尋ねると、「園児も職員も、毎日笑顔が絶えない保育園にしたい。」との答えが返ってきました。
生活リズムを整え、適度な睡眠と運動をすることで、皆元気に楽しく生活を送ることが出来ます。園児の成長を考え、皆が元気に生き生きと保育園生活を送ることができる愛泉保育園でした。

■社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園のスポット写真

ウッドデッキの上はとても気持ち良さそう
庇が広く、とても良い風が室内に入ります
自然豊かな環境に囲まれた保育園です
天井の空模様がかわいらしいですね

■社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園の詳細情報

保育園名 社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園
住所 群馬県前橋市江木町518番地
電話番号 027-268-3423
ホームページ 社会福祉法人しののめ会 愛泉保育園のホームページはこちらからどうぞ

作成日:2016/09/07 取材記者:cobara